エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 5 分で読了)

叔母さんに夢中になってしまった日 お風呂

投稿:2021-05-31 08:02:26

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色(作者設定)

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文

しょう◆FnNykhQ
前回の話

叔母さんとエッチをしてから、僕は叔母さんのことばかり考えてしまっていた。

初体験は、叔母さんが優しくしてくれたのもあり、あまりに気持ちよくて衝撃的だった。

僕は叔母さんに電話すると、次の休みの日の前の夜に泊まりに来てくれる約束をした。

その日になると、朝から僕はそわそわそわそわしていた。

仕事が終わると叔母さんに終わったと電話して、急いでアパートに帰った。

僕が部屋に着いて30分くらいたった。

(ピンポーン)

玄関を開けると、叔母さんがいた。

胸元の開いた薄手のニットでおっぱいが強調されていた。谷間も見え、赤いブラジャーがチラリと見えていた。

僕はその姿に興奮しながら、

「叔母さん!入って!」

僕は嬉しさが声にも出ていたと思う。

「入るわね」

部屋に入り、叔母さんは

「急いできたから汗かいちゃった」

「冷たいお茶でいい?」

「ありがとう」

僕がお茶をいれてると

「お風呂ためようか」

叔母さんはお風呂の準備をしてくれた。

二人でお茶を飲み、仕事うまくいってる?とか少し話した。

話の最中も、僕は叔母さんのおっぱいばかり見ていた。形も丸わかりで谷間も見え、話は上の空だった。

「お風呂たまったかな?」

叔母さんひ立ち上がり、お風呂を見に行くと、

「たまったわね!」

「汗かいて、冷えてきちゃったから入ろうかな」

「一緒に入る?」

僕は黙ってお風呂に向かった。

「入りましょ!」

叔母さんひ服を脱ぎはじめ、色白な肌に赤いブラジャーがエロくてたまらなかった。

そのまま、ブラジャーも外し、全裸になった。

「寒いから早く入りましょ」

僕ももじもじしながら服を脱いでお風呂に入った。

シャワーを浴び、狭い湯船に2人で入った。

本当、狭くて叔母さんの体に触れていた。

「あったかいわね」

僕は湯船の中の叔母さんのおっぱいを横目でずっと見ていた。綺麗なお椀型で赤い乳首がたまらなかった。

「狭いからこっち向いて!」

叔母さんも僕の方を向き対面になった。

僕がおっぱいびかり見ていると、

「おっぱい触りたいの?」

僕はうなずいた。

「ほら!手貸して!」

叔母さんは僕の両手を握ると叔母さんのおっぱいに当てた。

「本当、おっぱい好きよね」

僕はまた夢中になって、揉んだ。

「気持ちいい」

叔母さんは、たち膝になると僕の顔の目の前に大きなおっぱいを突きだし

「舐めて」

僕はそのまま乳首にしゃぶりついた。

(チュパチュパチュパチュパ)

「んんっ。気持ちいいわ」

僕は叔母さんの感じてる声に興奮し、さらに舐めまくった。

「ねぇ、立って!」

僕はゆっくり立ち上がると、

「もうこんなになってる(笑)」

叔母さんは僕のギンギンになってるチンコを握った。

「あっ!!」

「凄いカチカチ(笑)」

(パクっ)

いきなりチンコを咥えられ

「あっ!」

(ジュポジュポジュポジュポ)

(ジュルジュルジュルジュル)

「美味しい」

「叔母さん」

僕がピクピクすると、叔母さんは

「まだダメよ」

と、動きを止めた。

チンコの先端を舌先で

(レロレロレロレロ)

「どう?気持ちいい?」

すると、突然咥えると

(ジュポジュポジュポジュポジュポジュポ)

激しくフェラされ、

「あっー!叔母さん!」

限界をむかえると腰が引け

(ドピュッ!ドピュッ!!)

叔母さんの顔に精子が勢いよくかかった!

「んんっ、んんっ!!」

「すごい出たね!」

叔母さんの顔が僕の精子まみれだった。

僕はめちゃくちゃ興奮した。

叔母さんは精子を手で拭うと手についた大量の精子を口に入れると

「すっごく濃いわね」

(ゴクリ)

「飲んじゃった(笑)」

叔母さんは湯船のフチに座り、脚を拡げると

「ねぇ、舐めて」

僕は叔母さんの股に顔を突っ込むとオマンコを舐めた。

「あっ!気持ちいい」

「もっとここも舐めて」

僕はクリトリスもオマンコも夢中になって舐めた。

「あっー!叔母さんも気持ちよくなってきちゃった」

叔母さんは後ろ向きになると

「こっちきて」

僕が近づくとチンコを握り

「ここに、このまま入れて!」

僕は叔母さんの言われるがままにチンコを挿入した。

「あっー、入ってくる」

「あっ!」

「そのまま動かして!」

僕は叔母さんの腰を掴むと腰を動かした。

「あっ、良い!そのままもっと突いて!」

僕は気持ちよさに、激しく突きまくった!

(パンパンパンパンパンパン)

「ダメ、激しい!気持ちいい!」

「叔母さん!気持ちいいよ」

「もっと!もっと突いて!」

(パンパンパンパンパンパン)

「あっー!すごい!イッちゃう!」

僕は叔母さんが感じているのがたまらなく突きまくった!

「あっ、イクッ!イクッ!!」

「叔母さん!出ちゃう」

「出して!そのまま叔母さんに出して!」

「イクッ!!」

「ウッ!!」

(ドピュッ!ドピュッ!!ドピュッ!!)

(ビクビクビク!)

叔母さんのオマンコがキュッと締まった。

「イッちゃった」

「すごい気持ちよかったわ」

チンコが小さくなりオマンコから抜けると

(ジュプジュプジュプ)

オマンコから音をたてて精子が溢れてきた。

(ポタポタポタポタ)

お風呂場に精子が垂れ落ちた。

「すごいまたこんなに出てる(笑)」

叔母さんは僕の方を向くと無言でゆっくり抱きしめてくれた。

「あがろうか!」

お風呂を上がり叔母さんを見てると、またチンコが大きくなってしまった。

「えっ!?もう2回したのに。」

「したい?」

「叔母さん!」

僕は叔母さんを抱きしめると

「そんなにされると叔母さん嬉しいわ」

「横になって!」

僕は脱衣場に横になると、叔母さんは股がり

「もう入れるわよ」

(ズブズブ)

「あっー!」

叔母さんはいきなり腰を激しく動かし

「イッてるからすごい気持ちいい」

「止まらなくなっちゃう!」

僕も気持ちよくてたまらなかった。

目の前で大きいおっぱいがぷるんぷるんと揺れると僕は手を伸ばし、叔母さんのおっぱいを揉んだ。

乳首も指先で刺激すると

「ダメ。乳首気持ちいい!」

「もっと、もっとして!」

叔母さんはビクビクビクビクしながら

「もうイッちゃった(笑)」

「もうおかしくなりそう」

叔母さんはそれでも腰を振り続け、しばらくすると、僕は叔母さんの激しい腰を使いに我慢出来なくなってきた。

「叔母さん!イキそう!」

「イッて!出して!」

「イクッ!」

(ドピュッ!ドピュッ!!)

叔母さんのオマンコの奥に

(ドクドクドクドク)精子が溢れ出した。

叔母さんひゆっくりチンコを抜くと、精子が流れ出てきた。

「またこんなに出てる」

叔母さんはそのまま僕にもたれると、

「ちょっと動けない」

僕は叔母さんを抱きしめ、しばらくそのままいた。

「力入らないわ!」

ゆっくりして、ようやく部屋に戻った。

それからご飯を食べながらビールを飲み、布団を敷くとイチャイチャしながら、寝ては目が覚めるとエッチし、朝まで何度もエッチした。

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:7
いいね
投票数:13
続編希望
投票数:42
お気に入り
投票数:8
名作
投票数:3
読みやすい
投票数:5
この記事の解析グラフを見る
合計:78ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 2,052回
  • 2,052回
  • 2,052回
  • 2,052回
  • 2,052回
  • 18位
  • 110位
  • 724位
  • 10,767位
  • 18,634位
※18745記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(件)

※コメントの上限:5,000件

まだコメントはありません。

荒らし対策により、エチケンに訪れた日から2日が経過しないとコメントできないよう仕様を変更しました。

※正常にご利用されているユーザーの方にはご不便をおかけしてしまい申し訳ございません。


エチケンに訪れた日から1週間が経過するとコメントできるようになります。

現在、あなたが訪れた日は「2021年06月01日」となっているため、あと「1日2時間48分41秒」が経過するとコメントできるようになります。


※1週間以上前から訪れているのに表示される場合や、「あと◯日」の時間が減らない場合、あなたのユーザーIDが頻繁に変わっている可能性があります。


◯あなたのユーザーID

20210601_1395739311


上記のユーザーIDが頻繁に(またはアクセスのたびに)変わる場合は毎回新規ユーザーの扱いとなっている状態です。


◯IDが変わる原因

・ブラウザの履歴データを消す

・メモリリフレッシュ機能などを使用


固定する対策としましては、マイページに飛び、マイページのURLを保存してください。

エチケンに入る際に保存したマイページのURLから入るとユーザーIDが再度セットされます。

※ユーザーIDが頻繁に変わる場合、Cookieの設定を見直すかブラウザを変更してください。

※ユーザーIDが固定されると、クリップ機能やお気に入り登録機能が使えるようになります。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]



パイパン 銭湯"ボート エロ""台湾 人 エッチ""芸能 パンチラ""av 嫉妬""アダルト キメセク""着衣 潮吹き""広末涼子 エロい""体験 談 女性 向け""寝取られ 風俗""援助 エロ""巨乳 メンヘラ""胸 チラ 電車""援助交際 盗撮"私物 ぶっかけエッチな主婦"下着 で エッチ""まんげ エロ""大学生 一人暮らし セックス""体験談 女性視点""女教師 パンスト""ルーム シェア セックス"隠れてクンニ"同僚 オナニー"乱交レイプ"バイブ 焦らし""芸能人 アナル セックス""レオタード エッチ""エッチ 体験 女性""ネカフェ レズ""ぱいずり エロ""ゲストハウス エッチ"美少女 抜ける"レイプ イケメン""幼馴染 寝取られ""ブス メガネ エロ"混浴投稿"ビキニ 妻""えろ とうさつ"乳首 前立腺痴漢 絶頂"いじめ 射精""エッチ 職場""援助交際 アナル""ラッキースケベ エロ""上京 奴隷"処女体験談"フェラ お掃除"神フェラハーレム体験談天使のような顔してド変態な美少女のセックス風景土屋太鳳 パンチラハプニング エロ"眠姦 体験談""イラマチオ 彼女""アナル セックス 男 同士""水着 女性 エロ""実話 エロ""エッチ 2ch""混浴 温泉 で エッチ""ゲイ 処女"したぎえろ外国人潮吹き"夜行 バス オナニー""バス タオル おっぱい""女装 ふぇら""美少女 変態"医者エロ"盗撮 パンツ""エロ ライブ"滝沢カレン エロ"エロ ちっぱい"痴漢 制服"銭湯 エロ""dqn ntr""北海道 人妻""笑 エロ""復讐 体験"