体験談メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

母親の友達の智恵子さんとの秘密のセックス

2019-11-19 12:32:50

この話のシリーズ一覧

1:母親の友達の近所の智恵子さんに筆下ろし2:母親の友達の近所のおばさんと初セックスをした
3:母親の友達の智恵子さんとの秘密のセックス(今見てる話

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

名無しさんの投稿

智恵子さんに筆下しを遂げて、ますます欲求が高まってしまいました。

肌も柔らかでおっぱいの感触やぬるぬるした智恵子さんの奥

しかし智恵子さんも主婦なのでそう簡単には時間とかは難しいと言われていた。

一週間が過ぎてお盆に法事で両親が隣県に宿泊して行くことが決まり

出発前に「夕飯は智恵ちゃんに頼んで来てもらうから」

母親がそう言って出掛けた瞬間ガッツポーズ

そして夕方に智恵子さんからメールが

「浩ちゃん今から行く」

数分後にチャイムがなり智恵子さんが

「こんばんわ」クスッと笑いながら現れました。

夕飯の支度をしてくれて夕飯を食べて美味しい

「良かった」と笑う智恵子さん

スカートからは太ももが、胸元の膨らみに視線がいってしまう

片付けてる智恵子さんを背後から

「こらっ浩ちゃん」

止められて

「今は自宅の夕飯も」

そういう智恵子さん

「我慢できないよ」

背後から鷲掴みにすると

「だめって…」

手を掴まれて

「我慢して…」もうムラムラしていたが

「浩ちゃん、何時に寝るの?」

「12時くらいかな?」

「じゃあ、10時位に来るから待ってて」

そう話すと智恵子さんは洗い物をして帰りました。

9時、半、10時になり

しばらくしてチャイムが

「こんばんわ」

智恵子さんはパジャマ姿で

「ごめんすっぴんだけど許して」

そう話すと上がり抱きしめられ

「浩ちゃんに欲しがられて嬉しかったよ」

「俺も」

そう言ってキスをされました。

「浩ちゃんのベッドにいい?」

そう言われて二階に

扉を開けて部屋に着くと智恵子さんと抱き合ってキスを繰り返し

「欲しかったよ浩ちゃんのが」

智恵子さんは股間に

俺はゆっくり胸に

あれ?ブラのゴツゴツした感触がない

「え?」

「ウフフ…お風呂入ったから着けてないよ」

笑う智恵子さんのボタンを外すと目の前におっぱいが

本能的にしゃぶりつき「アッ…アッ」と吐息を漏らす智恵子さん。

おっきな乳首に吸い付き舌を這わせしゃぶりつきました。

しゃぶりついていると智恵子さんは股間を触りだしてきて

「浩ちゃんのガチガチになっちゃってる」

笑いながら触る智恵子さんを押し倒してベッドで

「浩ちゃん舐めて」

智恵子さんはパジャマを脱ぎパンティを脱ぎグロテスクな智恵子さんの入り口が

顔を近づけ「舐めて」と言われて舐めると

「アアン!」とビクビクさせて

また舐めビクビクとさせる智恵子さん。

吸い付いて舐めると「ンッ…アッ」と声をあげて甘酸っぱい液が溢れてきました。

「アッ…凄く気持ちいい…浩ちゃん…上手」

智恵子さんに頭を撫でられて智恵子さんは

「今日は浩ちゃんが上で」

起き上がり智恵子さんの入り口に

すると「そのまままっすぐ来て」

そう言われまっすぐ押し込むと「ンン!」

智恵子さんの声とぬるぬるした中に

「もっと奥まで」と腰を掴まれ智恵子さんがグイッと押しつけて来ました。

「アアッ…浩ちゃんの熱いのが入ってる」

そう話すと智恵子さんは抱きついてキスをしてきて「これが欲しかったの」

「浩ちゃんが動いて」と腰を動かしながら時々智恵子さんが腰を掴みながら軌道修正してくれました。

この前よりぬるぬるしてて智恵子さんの声が大きくてびっくりしながら。

「ウンッ…いいッ…アアッ…」時折笑みを浮かべながら智恵子さんは声をあげていた。

プルンプルンに揺れるおっぱいと凄く濡れた中に興奮して急に高まって焦ると

「浩ちゃん…我慢しないで」

腰を掴まれて

「いいのよ…あたしとしたくて堪らなかったんでしょ?」

頷くと

「あたしもしたくて堪らなかったの」

そしてキスをして

「来て…浩ちゃん」

そう言われて激しく動かし限界に

「ああ!智恵子さん出る!」

「出してぇ!」

その瞬間、溜まっていたものが

「アアッ!浩ちゃん!アアッ!」

智恵子さんは抱きついてビクッビクッとさせていた。

お互いに息を荒くしながら抱き合って智恵子さんも俺も汗ばんで居ました。

「今日も浩ちゃんの熱々ね?」

笑う智恵子さん

「イキそうなのバレてた」と話すと

「浩ちゃん素直だからわかりやすいの…セックスして肌で感じるの」

そう話すと智恵子さんは「そろそろ帰らなきゃ」とパジャマを着はじめた

「またチャンスがあったらしよ」

そう言って帰りましたがそれから休みにはなかなかチャンスはありませんでした。

しかし智恵子さんからチャンスが来たのは休みが終わる頃でした。

続きはまた

-終わり-
次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]


Online porn video at mobile phone