体験談メニュー

タイトル(約 21 分で読了)

隠れ変態の彼女に誘われ1泊2日のセックスお泊まりデート・2日目(1/3ページ目)

2019-11-10 02:21:52

この話のシリーズ一覧

1:高校の修学旅行でエロと無縁なはずの同級生に襲われた2:逆レイプされて彼女になった美少女と今度はラブラブセックス3:隠れ変態の彼女に誘われ1泊2日のセックスお泊まりデート・1日目
4:隠れ変態の彼女に誘われ1泊2日のセックスお泊まりデート・2日目(今見てる話
5:学校帰りに彼女の家に寄って制服姿でセックスした

この話のカテゴリ

本文(1/3ページ目)

名無しさん(20代)の投稿

朝。窓から差し込む日の光で、俺は目を覚ました。午前9時…自然に目が覚めたとはいっても、昨日セックスばかりしていたので、当然ながら6時間くらいの睡眠では疲れが抜けきれていなかった。

そして、聞こえてくるのはチュンチュンという、可愛い鳥の鳴き声。…ではなく、クチュクチュという音と微かな喘ぎ声。まさか?と思い、音の鳴る方へ向いた。

『ん…んっ…あっ…』

そこではM美が、クチュクチュと音を立てながら自分の秘部に指を奥まで突っ込んでいた。しかもイスの上でM字開脚までしている。俺は驚きのあまり上体を起こしてしまい、バサッと音がしてしまった。

M美「え…S…」びっくりして、自分の胸を片腕で隠すM美。でも隠すべき場所はそこじゃない。指がまだま○この中に入ったままだし。

「M美…」

M美「…お、おはよう…」自分の姿を隠せないと察したのか、無理やり笑顔を作り挨拶してきた。

「おはよう…」

M美「…ど、どうしたの?」

「どうしたもなにも…朝っぱらから何をしてんの」

M美「だって…起きたら、Sのおちんちん、おっきくなってるんだもん…それ見たら、興奮しちゃって…」

そう言われて俺は下半身を見ると、確かにち○こが臨戦体勢になっていた。そんな俺を尻目に、M美は再び中で指を動かしはじめた。オナニーはやめられないのだろう。

「そりゃ…朝勃ちくらいするだろ…」

M美「あさだち?」

「うん。男はみんな、朝起きたら興奮してなくてもおっきくなってるんだよ」

M美「そうなんだ…でも…もうこんな濡れちゃってるの…」

M美は一度指を抜き、ピンク色の秘部を露わにした。その部分は、誰が見てもびしょ濡れだとわかるものだった。おそらく童貞だった頃の俺に見せたとしても、びしょ濡れとわかるだろう。

M美「ねぇ…ほしいな…」

M美は俺のち○こを凝視しながら、挿れるように指示してきた。一瞬手マンでもしようかなと思ったが、まあいいやと思いM美の中へと挿入した。

M美「はぁぁ…いいよぉ…」

M美のま○こは中までびしょ濡れだった。俺は奥に向かって、ち○こを押し付けていく。

M美「あぁん!は、入ってるぅ…気持ちいいよぉ…はぅんっ!」

M美は身体をビクつかせながら、俺のち○こを受け止めてくれている。そこで俺はいたずら心から、ち○こを半分だけ抜き、浅く浅くストロークをしてみた。

M美「あぁ…えぇ?なんでぇ?」困惑の表情を浮かべるM美。

「なにが?」

M美「ねぇ、もっと奥まで突いてぇ…いっぱい、Sとエッチしたいぃ」

「突いてほしいの?」

M美「言わせないでよ…いっぱい、突いて…」

そこで今度は、奥深くまで挿入し小刻みにストロークをしてみる。

M美「はぁあんっ!はぁぁ!」

ひときわ喘ぎ声が大きくなるM美。あまりに声が大きいので、思わずM美の口を押さえた。

M美「んんっ!んぐぐ!んぁぁ!」口を押さえてもなお、喘ぎ声が漏れていた。

「しっ、静かに…もう朝だから…」

M美「んっ、んんーっ…だって…声出ちゃうよぉ…」困った顔でこちらを凝視してくるM美。

「じゃあこうする?」テンションのおかしくなっている俺は、そのままM美の唇を奪った。

M美「んんん!んんっ!んーっ!」

「M美…可愛いよ…」

M美「んっ!」不意打ちにびっくりした顔をしていた。その後は無抵抗になり、むしろ自分から舌を入れていた。

そんな風にしばらくディープキスをしていると、M美の下半身がビクビクとし始めた。イキそうなのか…?

M美「んふぅ…ぁふ…んーんっ…んっ!んんんっ!」

ビクン!と大きく動いて、力が抜けたようにイスに倒れこんだ。イスはすでにびしょ濡れ。M美は虚ろな目をしていた。

「イったの?」

M美「うん…お願い、もっと…しよ」

M美は完全にメスになっていた。俺の前に全裸でいることも、M字開脚してま○こを晒していることも気にしていなかった。

俺はM美を立たせ、イスの近くにあった机に手を突かせた。そして後ろから、立ちバックの体位でM美に挿入した。

M美「あぅんっ…はぁ…はぁ…」

今度は最初からブーストをかけていく。奥深くに挿入し、パンパンと音が鳴るくらいに出し入れをした。

M美「あはぁ!あんっ!ひぅ!あぁぁ…あぁ!」

またしても喘ぎ声が大きくなってきたので、再び口を手で押さえた。

M美「んぐっ!んぅぅ!んぅぅ!」

パン!パン!パン!パン!異様な程にM美のお尻の音が響く。

M美「あぅ…ひどいよぉ…そんな激しくされたら…声出ちゃうもん…」

「はぁ…はぁ…M美…」

M美「あっ!ダメっ!なんか…変な感じするぅ…あっダメぇぇ!」

構わずM美の中を攻める俺。その時、何か愛液とは違う液体がM美の中から少しだけ飛び出た。

俺は驚きのあまり、すぐにち○こを引き抜き、M美からも手を離した。M美はその場に力なく倒れこんだ。

「M美…大丈夫?」

M美「はぁぁ…はぁぁ…はぁぁ…」

「…M美…?」

M美「はぁ…はぁ…気持ちよすぎちゃった…」髪が乱れたまま、俺の問いかけに応えた。

「さっき、M美の中からなんか出てきたけど…」

M美「えっ…なんか、気持ちよすぎて…少し出ちゃったの…」

「まさか…潮吹いた?」

M美「…え?…そ、そうなのかな…」

まあ、多分そうなのだろう。愛液があんなピシャピシャと出るわけがないし、愛液と潮以外に出るものといえば…となるが、そんな特有の匂いはなかったし…おそらく、M美が潮を吹いたのはこれが最初ということだ。

俺は倒れこんでいるM美にお尻だけ突き出させて、もう一度挿入を試みた。さっきよりも抵抗なく、奥まで入っていった。

M美「あんっ…今敏感だから、やさしくしてね…」

俺も最初から飛ばしすぎたので、素直に従い優しく腰を動かす。

M美「あっ…好きぃ…そのエッチ好きぃ…」

「激しいのと優しいの、どっちの方がいい?」

M美「優しいエッチの方が好きぃ…でも、たまに激しいのもしてほしい…」

「M美ってさ」

M美「うん」

「Mっ気ある?」

M美「えっ…そ、そうかもぉ…」

「かも、っていうより確実だろ」

M美「うん、たぶん…」

「ハッキリ言ってみ?」

M美「…わたし、Mだよぉ…Sくんのエッチ、大好きぃ…」

「エッチだけ?」

M美「え…えっと…いつものSくんも、大好きだよぉ…」

「俺もM美が好きだっ」

M美「はぁっ、あんっ…うれ…しい…よぉ…」

M美のま○こがキュッと収縮しはじめた。限界が来ることを感じ取った俺はM美の身体を丸め込み、奥へ奥へとち○こを入れていった。

M美「あっ…深いよぉ…あそこ、壊れちゃう…」

「M美っ、中に出すよ」

M美「あん、あぅぅ…Sぅ…しゅきぃ…」

セックスの快感に溺れ呂律すら回らなくなってきたM美の膣内の奥深くに、朝一番の精液を注ぎ込んだ。

M美「あぁ…あついの…きてるよぉ…えへ、しゅきぃ…Sぅ…」ウトウトとしながら話しかけてくるM美。

「M美…もしかして、そんなに寝れてない?」

M美「ううん、寝たよ…寝たけど…アレなの」

「どれ?」

M美「アレはアレだよぉ…なんだっけ、思い出せないや…w」

どうやら昨日の疲れが抜けていないらしく、半分脳が寝ているような状態だった。これ以上は悪いなと思いち○こを引き抜くと、白い液体がドロンと流れ出てきた。

そしてM美の身体を抱き上げ、ベッドに寝かせた。

「ちょっと俺さ、軽く朝ご飯買ってくるから、しばらく寝てて」

M美「朝ご飯食べるの?大丈夫だよぉ、ホットケーキ作っておいたから…」

「えっ、マジで?」

M美「うん、冷蔵庫の中にあるから…レンジで温めて食べて…」

「わかった…ああ、起き上がらなくていいから、寝てて…」

M美「いいの?ありがとう、ごめんね…起きたら、またいっぱいしてねぇ…」

そう言うとM美は、5分もしないうちに寝てしまった。よっぽど寝れてなかったんだな…

俺は言われた通りに、M美特製のホットケーキを平らげ、服を着てイスに腰かけた。このイスというのは、さっきM美が愛液まみれにしていたあのイスだ。

俺も疲れが溜まっていたのか、しばらくしてそのイスに座ったまま、うたた寝をしてしまった。次に起きた時には、謎の息苦しさを感じた。無理もない。だってM美がキスをしていたのだから…

「うわぁ!」とでも叫びたいところだったが、口が封じられているのでそれもできず。ただ、近すぎるM美の顔を見つめているしかなかった。

「んぐ…んぐぐ…」

M美「あっ、やっと起きたぁ」

「…何してんの?」

M美「…モーニングコール…w」

「…」

M美は追い打ちをかけるように、服の上からち○こを擦ってきた。

「あっ…」

M美「さっきしたばっかりなのに、またおっきくなってるね…」

「…」

M美「…寝てる時も、エッチなこと考えてたんでしょ?」

「い、いやそんなこと」

M美は俺が言葉を言い終わる前にち○こを握ってきた。

M美「…」

「…」

そのまま、ズボンとパンツを脱がされた。そして、M美は躊躇することなく俺のち○こを咥えだした。

「あぁ…M美…」

M美「ふふ、Sの反応、可愛いね」

M美は両手で俺の腰をつかみ、ジュポッ、グポッ、と音を立ててフェラをしてきた。

「あっ、あぁっ…」情けない声を出してしまう俺。

M美「ねぇ、どうしてほしいの?」

「え?」

M美「言わなきゃ分かんないじゃん」

「…挿れたい」

M美「なにを?」

「…俺のを」

M美「どこに?」

「M美の…中に」

M美「ふふ、じゃあ挿れさせてあげるね」M美は満足そうに腰を上げた。ベッドに俺を寝かせると、そのまま挿入するわけではなく、ま○この入口に俺のち○こを擦りつけた。

M美「どう?ヌルヌルしてるでしょ?」

「うん、すごいヌルヌルしてる…」

M美のま○こはすでに愛液で満たされていた。いよいよ挿入…と思いきや、M美は俺の横に寝転んだ。

「あれ?挿れないの?」

M美「挿れるよ…きて」M美はその状態で足を開いた。2人ともベッドに寝た状態で、ということか。

俺は左手でM美が上げた足を掴み、右手で俺のち○こを掴んでM美のま○こにあてがった。そのままでは挿入するのが少し難しいので、全体的に少し下へ動いた。

M美「いいよ…挿れて」

俺のち○こが、ゆっくりとM美の愛液に浸されていく。

M美「はぁ…きてるよぉ…はぁん!…あぁぁ、気持ちいいよぉ!」

そのまま中を刺激してみる。目の前にはM美の胸があったので、たまらずそこも堪能する。

M美「ふぁぁ、気持ちいい…気持ちいい!あっダメっ、そこ舐めちゃダメぇ…んあっ、はぁっ、気持ちいいよぉ…!」

M美のま○こに勢いよく腰を当てて攻めてみる。

M美「あぁぁ!ダメぇ!そこ…あぁぁ!ひぁぁ!ふぁぁ!」

もう喘ぎ声が言葉になっていない状態だ。

M美「ひぐぐ…ひぁぁ…イッ…イっちゃうぅ…イッ…イッ!クぅぅぅ!」

M美はあっという間に絶頂してしまった。ハァハァという荒い息を立てながら、ビクン!と大きく反応した。

俺は少し動きづらかったので、M美を四つん這いにさせてバックで再挿入。

M美「はぁん…あぅぅ…」

パンパンと音を立てながら、M美のま○こを心ゆくまで味わう。

M美「ひぁ…あぅ!あぁぁ、気持ちいいよぉ…あぁダメそこっ!気持ちいいっ!」

奥が弱いのかな…そう思いながら、気持ち深めに挿入してみる。

M美「ひぃっ!あんっ!あんっ!奥…当たってるよぉ!奥まできてる…奥まで、カタいおちんちん、きちゃってるよぉ!」

M美の喘ぎ声と、俺のハァハァという吐息、そしてパンパンというM美のお尻が弾ける音、この3つが部屋の中に響く。俗に言う、エッチな匂いも部屋に充満していた。

M美「もっと…もっと奥まで突いてぇ…Sのおちんちん…気持ちいいのぉ…好きぃ、いっぱいしてぇ」

さらにスピードを早めると、M美の身体がブルブルと震え出す。これは?

M美「あっあっあっ…イっちゃうぅ!イっちゃう…あっ、なんか出ちゃいそうだよぉ…あぁダメダメ、これ以上突いたら…あぁダメっ、イクぅぅぅ!」

ピュッ!ピュッ!と2回ほど液体が飛び出た。少量だが、2回目の潮吹きをしたようだ。

「あれ、また潮吹いた?」

M美「わかんないよぉ…でも、気持ちよすぎて…あたま真っ白になっちゃいそうだよぉ」

ここで一旦生ハメは中断して、潮吹きを見るためにM美のGスポットを刺激することに。とはいっても、俺はGスポットを刺激した経験はないので、あくまでネットで見た知識を頼りに刺激してみる。

M美「えぇ…抜いちゃうの?」

「M美、Gスポットって知ってる?」

M美「じー…すぽっと?」

「女子の一番気持ちいいところらしいんだけどさ」

M美「うん…そんなに気持ちいいの?」

「気持ちいいんだって。…M美のそこ、触ってみたいな」

M美「…いいよ…Sだったら」

ベッドで足を開かせ、まずは指を人差し指と中指の2本挿入。

M美「あぅぅ…に、2本も挿れるの…」

「…確か、第2関節を曲げたあたりだったかな…」ゆっくり、クイッと曲げて様子を伺う。

M美「!」

「どう?」

M美「あっ、なんか…変な感じするぅ…もっと触ってみて…」

M美のま○この中で、指の先を小刻みに動かしてみた。

M美「あっ、あっ、あっ…気持ちいいかも…」

「気持ちよくなってきた?」

M美「うん…気持ちいいよ、Sぅ…」

それを受けて、少し指の動きを早くしてみる。

M美「あん…あっ、あんっ!あぅ!き、気持ちいいっ!そ、そこっ!あんっ!」

M美の頭がブンブンと揺れる。よっぽど気持ちいいのか?

M美「あっ!あんっ!あん!あっ、あぅぅ…あんっ!はぁぁん、はぁん!あぁっはぁっ、いや、ダメ、イっちゃう…」

「イキそう?」

M美「あぁ、ダメ、ダメだって、イっちゃう、イっちゃう…あんっ!あっ、あん、あっ、あっ…いやぁぁ、あぁぁ、はぁぁ、イっちゃうっ!はぁぁん!」

ビクビクビク!と腰を痙攣させてM美はイった。だが潮は出ない。ほんの少し膣内で指を休め、再び刺激する。

M美「あぁぁ!ま、まだ、まだするのぉ…あぁダメ、気持ちいいっ!気持ちいい、気持ちいいからぁ…もう、もう、やめてぇ…気持ちよすぎちゃうのぉ…!やだ、やだってばぁ!」

M美が苦し紛れに頭をブンブンと振りながら抵抗している。そんなM美を尻目に、ひたすらGスポットを刺激する。

M美「あぐ、ひぐっ!だ、ダメぇ…イっちゃうよぉ…!ねぇ、はぁ、んっ!あっ!あぁんっ!あんっ!はぁぁ…イ、イっちゃうぅ…ダメぇぇぇぇ…!」

ビクビクと痙攣して再び絶頂。今度はピュッと潮が飛び出た。まだ出るかな?

M美「あぁぁ!あぁぁ!ひぁぁ!ひぁぁ!ふぁぁ!あぁぁ!」

ピュッ!ピュッピュ!ピュッ!1回1回は少量だが、どんどんと潮が出てくる。しかも腰の痙攣がまだ続いている。もしかして、イキっぱなしの状態なのだろうか。

M美「あぁぁ!はぁぁ!もうやめてぇぇぇ…!」

ピュピュッ!ピュッ!ピュッピュ!…指が疲れてきた。右手がぐっしょり濡れたので、ここでストップをかけておく。

M美「はぁぁ…あぁぁ…あぅ…」まだ痙攣している。反応が良すぎる気がする。

「どうだった?」

M美「はひ…き、気持ちよかったよぉ…」意識が朦朧としているご様子。俺は水を取りに行き、M美を一度落ち着かせた。

M美「ひどいよ、Sぅ」水を飲んで復活したM美。俺の行動を振り返って、少し怒っているようだ。

「ごめん」

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!



エッチ研"ぽっちゃり ブルマ""ナンパ 寝取ら れ""強制 女装 体験 談""フェラ 体験談""お 風呂 場 盗撮"エロえ"ストッキング レイプ"近所の奥さんと"ローター 放置 プレイ""パイパン ol"ギャル黒ギャル"セフレ 経験 談""おっぱい いじ られ"寝取られ&母子相姦プール 巨乳"エッチ 集団"筆下ろしセックス"ビキニ ライン エロ"風呂 オナニー"60 歳 エロ""部下 フェラ""エッチ な におい"パンチラ"温泉 中だし""女教師 逆さ""百合 えろ""ポルチオ エロ""女子大 生 体験 談""浴衣 乳首""ナース オナニー""淫乱 熟女 体験"ネカフェ エッチ"胸チラ フリマ"巨根 体験ノーパン熟女"アナル 告白""遠隔 ローター 体験 談""おなにー おもらし""デリバリー エッチ""短小 オナニー""体験談 男の娘"書道 胸チラ"近親相姦 フェラ""アナル 体験談""女装 フェラ 体験"エロ韓国"立ち バック セックス""同期 エッチ""スク水 男の娘"齋藤飛鳥 フェラ痴漢 絶頂"めがもり みるき~ぱい""義母 h"女児服 オナニー"スイミング スクール えろ""人妻 パイズリ""中村 静香 アダルト""高校野球 エロ""友達 の 彼氏 と sex""水着 痴漢 動画"流一本"台湾 エッチ""益若つばさ似 av"友人の母で筆おろし"黒人 挿入""乳首 敏感 体験 談""ガムテープ エロ""え 体験 談""jk 乳首責め""4p 体験""胸 チラ アダルト""ca フェラ"エッチしているところを見つかっちゃいました"なめ] 女装コスプレな男達に抜いてもらう話""フットサル エロ""痴漢 ローター"おもらし調教ディープキス av"エロ 体操着""旅館 で セックス""野球 部 体験 談"親娘丼"パイパン 手入れ"熟女エロい