体験談メニュー

タイトル(約 6 分で読了)

【評価高め】
夢の様なコインランドリーでの出来事②

2019-11-09 11:29:37

この話のシリーズ一覧

1:夢の様なコインランドリーでの出来事。
2:夢の様なコインランドリーでの出来事②(今見てる話
3:夢の様なコインランドリーでの出来事③4:止める事の出来なかった涙。夢の様なコインランドリーの出来事④

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

山形県/Rさん(30代)の投稿
前回の話

【評価高め】夢の様なコインランドリーでの出来事。

お金も無いのに独り暮らしを始め た。 冷蔵庫もガス台も無く炊飯器も無い。 当然、洗濯機など有るはずが無い。 コインランドリーに向かうと、若い綺麗なスタイルの良い女の子が洗濯機を見つめ呆然としていた。 気には成ったが、気安く話掛けられるほど女慣れしていない俺は淡々と洗濯物を洗濯機に放り込…

覚悟はしてたが、中々逢えない。明日で一週間。あれは夢?いや、俺の手元にはあの娘のパンティが有る。

日曜日じゃ無いと来ないのか?期待もしないでコインランドリーの駐車場からガラス越しに店内を覗いた。

💕💕💕居たぁ~💕💕💕

椅子に腰掛けるあの娘を見付けた。

やっぱり可愛い❤️しばらく見とれてた。そしてあの娘の裸体が甦り、ムクムクとムスコが固く成る。落ち着けとムスコをなだめながら、何食わぬ顔で店内に入った。

俺を発見したその娘は笑顔で軽く手を振って来た。クソォ~可愛い❤️逢いたかったと言いそうに成る自分を必死に押さえて、今日はお金持って来たか?何て憎まれ口叩いたら、ベ~っと舌を出して笑った。無茶苦茶可愛いじゃねかぁ~

他には客も無く、自販機で缶コーヒ-を買ってその娘に渡した。そしてちょっとした自己紹介タイムに成った。その娘の名前は「有香」21歳、大学生。俺「R」31歳シガナイサラリーマン。

覚悟はしてたが10歳も歳が違うのか・・・😢少し凹んだ。有香が「若く見えるね」と慰めと取れる言葉を発した時に尚凹んだ😭

歳の差10歳の大学生とサラリーマンの恋・・・無いな😱芸能人や大金持ちならまだしも貧乏サラリーマンじゃ⤵️⤵️⤵️

空気を変える見たいに有香が「今日は下着のチェックしなくて良いの?」何てイタズラっ子的な笑みを浮かべて聞いて来た。

俺は、あっ❗忘れてた。と冗談で有香の服を脱がせようとすると、「きゃぁ~」と笑いながら店内を逃げ回り暫く追いかけっ子してから、有香に「早く洗濯物入れなよ」と促され、洗濯物を入れようとした時に「私の下着持って来た?」有香に質問された。

俺は何で?と聞き返すと、「だって汚れてたでしょ?」と言うから、俺はえぇ~洗ったら有香の匂いが消えちゃうじゃんよ。有香のエッチな染みも消えちゃう。あり得ないと答えると有香が「おバカっ」と顔を赤らめた。

いいか。パンティだってマンコだって洗濯したり洗ったりしたら、洗剤かボディーソ-プの匂いしかしなく成るじゃんよ。個人の匂い、女の匂い、有香の匂いって言うのは洗濯前、入浴前が一番良い香り何だ。本当の有香の香りと味を楽しめた俺は最高👍と持論を展開してた。

すると、有香が赤面しながら下を向きモジモジし始めた。おっ?有香は言葉責めに弱いのか?俺は試しに、風呂前の有香のアソコは最高に美味しいかったよ。マンコ汁もいっぱい啜ったし、乳首もコリコリに勃起してて甘い噛みしたら必死で堪えてけど、可愛いあえぎ声漏れてたよ。俺が捲し立てると、有香が「変態っ」って赤面した顔を伏せながら言って来た。だから俺は変態何だって。

Rが変態なのは「知ってるもん」と言って来たから、どんな声出してたか再現しようか?何て言ったら・・・

突然、有香が椅子から立ち上がり、突進してきた。怒らせたか?一瞬やり過ぎたかと反省した時、有香が俺の手を掴み、グイグイと引っ張り出した。そのまま、コインランドリーの男子トイレ個室に連れ込まれた。

この前の逆パターン?しっかり男子トイレ。トイレでボコられるのか?何て思ったら、いきなり有香が猛烈なキスをして来た。何が起きて居るのか一瞬解らず、そう言えばこの前キスはしなかったなぁ。何て頭の中で考えてたが、熱烈で激しい有香のキスに答えるべく、俺は有香の口に自分の舌をねじ込んだ。

有香も直ぐに反応。自分の舌を俺の舌に絡めて来た。俺は有香の舌を思い切り吸った。有香も女の子の肺活量にしては立派なぐらい俺の舌を吸い出した。

口呼吸が困難に成り、お互いに鼻呼吸でフゴフゴ言いながら、ヨダレ流して舌を絡め、貪り合った。抱き合う形でのキス。キスをしながら俺は有香のスカートを捲し上げ、パンティの上から有香のお尻を撫で、掴み、刺激した。有香の荒い息使いに甘い声が混じって来た頃、有香が突然キスを中断、自分の服を脱ぎ出した。俺も負けじと服を脱ぐが、狭い・・・二人して縺れる様に服を脱ぐ。

しかし・・・

次に逢えたらエッチしようと約束はしていたものの、ホテルに行く予定だった・・・またもゴム用意してないぞ😭😭😭

しかも、またコインランドリーのトイレ😭😭😭😭😭

だけど、また魅力的な極上の有香のボディーが露に成って行く。しかも、何だこの下着は・・・上下セットの豹柄の下着。ブラはフロントホック、肩紐が背中で幾重にもクロスするセクシーなブラ。パンティはサイドが紐状で紐がクロスしてるデザイン。

下着フェチでも有る俺は、有香に下着はまだ脱がないでとお願いして有香の下着姿に暫く見惚れた。有香が「Rの為に着用して来た」恥ずかしそうに言う。

「今日は下着チェックしなくて良いの?」あの言葉の裏にはこんな伏線が有ったのね。有香最高👙✨✨✨

次は有香の全裸を拝みたい。しかし・・・ここで女慣れしていないのがばれる。フロントホックが外せない。焦る💦💦💦

有香が自分で外してくれた。有香ごめん🙏パンティも脱がせて全裸にした。相変わらずパンティが濡れてる。今日は言わないでおこう。この前はガツガツし過ぎて、ろくに観察もしないでマンコを舐め捲ってしまった。

今日はじっくりと有香のマンコを見せて貰おう。有香に片足を洗面台の配管に乗せてもらい濡れたマンコを開く、透明な液体がお尻の穴の方まで滴って来てる。ビラビラに黒ずみも無く、綺麗なピンク色。処女?かと思う美しさ。クリトリスも充血してプックリと自己主張している。

やっぱり最初は匂い。マンコ汁に鼻を濡らしなが有香のマンコの匂いを嗅いだ。この前ほど有香が抵抗しない?匂いもこの前ほど有香の香りがしない?

風呂に入って来たなぁ~

有香「ばれたぁ~」(笑)

それならばと、お尻の穴を舐めてやった。「ちょっとぉ~」お風呂入って来たからってそこはダメぇ~有香が身をよじって逃げる。ならば濡れたクレパスを舐め上げてやった。「アン💓」可愛い声を出して腰をヒクつかせる有香。

クリトリスに吸い付き、バキュ-ム舌転がしをしたら腰をガクガクと痙攣させて自分の指を噛んで必死で声を殺す姿が可愛く、愛しく、抱き締めてまたキスをした。

抱き締めたまま、今日は入れたかったなぁ~。そんな事を考えた瞬間。有香が真顔で俺を見た。見透かされたか?一瞬焦った瞬間、有香が自分のスカートを持ち上げてポケットを探り出した。そして何と・・・ポケットからゴムを取り出した。

マジかぁ~。真顔のまま有香が「私の事、ヤリマンだと思った?」と俺に聞く。俺、何で?有香「女からゴム差し出す何て・・・」

俺、男より女の方が後々大変な事に成るんだから、当然の予防策。危機管理出来てると思うよ。と答える。

「本当に?」と有香。

俺、そんなに綺麗なピンク色のマンコして遊んでねぇだろう。処女かと思ったよ。キスも慣れて無いし。

有香。「Rの彼女はフロントホックの人居なかった見たいね」

ギクッ・・・しっかり見られてました。

互いにチンチン勃起させて、マンコ濡らして、この状態でする会話じゃ無いよ。俺の言葉に有香も笑う。萎え掛けた俺のムスコを有香が舐めてくれた。この前はあえなく有香の口に発射してしまった。マジ気持ち良い。有香のフェラ顔。こんな可愛い娘が全裸で俺のを舐めてる。あり得ない。それだけで逝ってしまう。

何とか耐えて、ギンギンに復活したムスコに有香から貰ったゴムを被せる。夢にまでみた有香への挿入。俺が便座に座り有香がこちら向きでまたぐ格好で初結合と成った。

やっぱり遊んで無いだろう有香。こんなに濡れてるのにキツイ。処女かどうか何て聞かないし、どうでもいい。無理に腰を動かさず、有香の乳首を舐めながら動きは有香に任せた。

最初は黙って股がったまま、俺に乳首を吸われていたが、徐々に有香が腰を動かし出すとムスコに快感が押し寄せる。締まる。本当にキツイ穴だ。

余りセックスに慣れて無いのか?快感を楽しむ余裕が有香には無いようだ。俺も情けないが有香のキツキツマンコに即射しそうで余裕がない。

ギコチナイ腰振りをする有香に俺は秒殺で逝ってしまった🙇

有香が結合したままで暫くこのままでいてと言って来た。結合したまま、俺は有香を抱き締めて有香の体温、温もりを感じていた。

有香が話し出した。「この前ここでRに逢った時に、Rの変態菌に感染したみたい」おいおい、俺は変態だけど保菌者じゃないぞ(笑)

有香「そしてトイレでRの精子をゴックンして発病したの」

俺・・・

有香「Rとエッチするなら絶対トイレだ。それもあのコインランドリーの男子トイレ」

俺、だから男子トイレに入ったのね。まぁ、女性が男子トイレから出て来ても対して問題には成らないが、男性が女子トイレから出て来たら大問題になる。

俺的にもたすかる。

有香「何かね。この前のここのトイレでの出来事が凄く感じちゃって・・・Rの変態菌に感染、発病したんだなって」

俺、俺のせいにしてるけど元々保菌者だったんじゃ・・・有香のにらみに黙る(笑)

有香「お願い。今日の下着もあげるからこの前の下着は洗濯して🙏」

俺、こうしようよ。今日の下着は次に逢う時までの有香の代わりとして♡預かる。次に逢え時に新しい使用済み下着と交換に返す。勿論洗濯して。どう?

有香「了解。それなら今日、私もRの下着貰って帰る。次に逢えるまでのRの代わり。」

俺、おいおい、俺のは臭いぞ。

「あら?変態さんさっきの演説は何処に行ったの?」

クソォ~一本取られた。

有香「それはそうと、Rのオチンチン全然小さく成らないんですけどぉ~」

確かに、発射もしたのに有香の中で全然衰えない。

有香がまた腰を動かし出した。有香のマンコ締まり良すぎ~

俺も腰を突き上げみた。痛みなのか?快感なのか?有香の顔が歪む。有香の抱き付く腕に力が入る。うっ・・・う~ん・・・と言う声と共に有香の体がビクンビクンと痙攣して荒い吐息を漏らしている。

逝ったのか?その瞬間の強烈な締め付けに俺も二度目の発射と成った。同じゴムに二度出してしまった。漏れたらヤバイ。有香の体からムスコを引き抜きゴムを外した。

予想はしてたが、ゴムに有るもの付着してた。マジかよ・・・

取り敢えずティッシュで拭いてあげたが・・・有香が股がってた俺の方にも付いていた。

何で俺が相手だったんだろ?俺で良かったのか?グルグル🌀と考えが回りだし。このまま別れるのも嫌でも、汚いが俺のアパートでシャワー浴びないかと誘ってた。

「有り難う。行きたい。」の声に取り敢えず洗濯後回し。俺のアパートに向かった。

本日はここまで。読んでくれて有り難うございました。

この話の続き

夢の様なコインランドリーでの出来事③

お金も無いのに独り暮らしを始め た。 冷蔵庫もガス台も無く炊飯器も無い。 当然、洗濯機など有るはずが無い。 コインランドリーに向かうと、若い綺麗なスタイルの良い女の子が洗濯機を見つめ呆然としていた。 気には成ったが、気安く話掛けられるほど女慣れしていない俺は淡々と洗濯物を洗濯機に放り込…

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]


Online porn video at mobile phone