体験談メニュー

タイトル(約 6 分で読了)

小さい頃一緒に遊んでた歳上のお姉さんと再会し、自宅に泊まってエッチをして恋人になりました

2019-11-02 22:35:28

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

名無しさん(10代)の投稿

奈穂は、僕より4歳年上のお姉さん。

幼い頃はお隣さんで、よく一緒に遊んでいました。

しかし僕が小学5年生の頃に両親が離婚し、母に引き取られましたが、父はその家に住みたいと聞かないので、2人で引っ越しました。

奈穂はそれを知った時、「僕君行かないでよ…!!」と号泣しながら僕にしがみついてきたのを覚えています。

僕も奈穂との別れ、さらには小学校の友達との別れが辛くて泣いてしまいました。

それから約8年後、僕は県内の大学に進学しましたが、家から通うには遠かった為、大学の近くのアパートで一人暮らしをしていました。

大学生活が始まってしばらく経ったある日、僕は帰宅途中にスーパーに寄りました。

そしてスーパーの飲食スペースで買った弁当を食べていたその時でした。

「僕君…?」

斜め後ろから、僕を呼ぶ声がしました。

驚いて振り向くと、綺麗な女の人が立っていました。

茶髪のロングヘアが素敵で、痩せてはいませんが胸は大きいです。服も可愛くて、まさに美女と呼べる人でした。

僕は誰だか分からずに「えっと…?」と言いました。

「覚えてない?奈穂だよ?」

……!!一瞬信じられませんでしたが、そう言われれば面影のある顔立ちでした。

「本当に、奈穂…?」

「覚えてるよね?僕君が引っ越す前、ずっと一緒に遊んでたの」

その瞬間、幼い頃の思い出が、走馬灯の様に頭の中を駆け巡りました。少し変わった部分もありましたが、目の前にいるのは紛れもない、奈穂でした。

また会えるとは思わなくて、今までに無いくらいに嬉しかったです。気が付けば僕は、ポロポロと涙をこぼしていました。

奈穂は驚いて「ちょっと、大丈夫!?」と慌てていました。

「ごめん…、また会えて良かった…」

「僕君…」

奈穂も泣き出してしまい、人目もはばからず僕達は抱きしめ合いました。

久しぶりに感じた奈穂の温もり、それは形容し難いほどに温かいものでした。

しばらくして落ち着いた後、お互いの現状の話になりました。

奈穂は僕と同じ大学を卒業後、僕と同じ市内の会社に勤めているそうです。何の偶然か、自宅もかなり近い所にあるようで、徒歩10分弱の場所です。

また、大学時代に彼氏は2人いたそうですが、在学中に別れてしまい、現在はフリーらしいです。

「奈穂、なんかすごい、綺麗になったね」

「え、ありがとうw僕君も背伸びたし、声も低くなってさ、すごい大人っぽくなったね。私の方が背高かったのに、もう顔1個分くらい違うじゃんw」

「懐かしいな~、色々遊んだよね」

「僕君、私にめっちゃ懐いてくれてて本当に可愛かったのに、今じゃこんなカッコよくなって…」

「やめてよ、俺なんか全然…」

「え~、本当だよ~?」

久しぶりに会った僕達は会話が途切れず、話しながら帰路につきました。

奈穂の住むアパートは、僕のよりも少し大きく割と綺麗でした。

「じゃあ、この辺で。また会おうね」

そう言って奈穂はアパートの階段を上がろうとしました。僕は「待って!!」と、半ば反射的に声が出ました。

「どうしたの?」

「もし良かったらさ、奈穂の部屋に上がってもいい?」

「えっ!?どうしよう…」

「昔はよく奈穂の部屋で遊んだじゃん」

「そうだけど、子供の時だし…。でもまあ、良いよ」

僕は奈穂の部屋へとお邪魔しました。

そんなに散らかっておらず、綺麗な部屋でした。

僕達はテーブルの上に買ってきたジュースやお菓子を置き、ベッドに座りました。

「でも、また奈穂に会えて本当に良かった…」

「もう何回言ってんのw」

「だって、もう二度と会えないと思ってたから…、本当に…」

僕はまた泣いてしまいました。

「もう、泣き虫な所は変わってないね~」

そう言って奈穂は頭を撫でてくれました。

僕達はテレビを見ながらお菓子を食べ、楽しい時間を過ごしていました。

そして夜も11時を回ろうとしていた頃。

「もう夜遅いけど、僕君は帰らなくていいの?」

「あー…、どうしよ。もし良かったら、泊まってもいい?」

「ええっ!?うーん、別に嫌な訳じゃないけど…」

「昔奈穂の家に泊まったこともあったよね?」

「だから小さい時の話でしょw」

「ダメ?」

「うーん、しょうがないな~」

なんとか泊めてくれることになりました。

すると、奈穂は「じゃあ私シャワー浴びちゃうね」と言って、浴室へ行こうとしました。

僕は我慢出来ず、奈穂の腕を掴みました。

「え、何?」

「ごめん、その…、奈穂と一緒に風呂入りたい…」

「いや、ウソでしょ…?」

「ウソじゃないよ」

「だって…、私達もう子供じゃないんだよ?」

「そうだけど、俺どうしても奈穂と入りたくて…」

「えええ…」

「一生お願い」

僕は深々と頭を下げました。奈穂はかなり躊躇った様子を見せましたが、僕も必死に頼み込みました。

そして遂に、「じゃあ分かった、入ろ」と言われ、入れることになりました。

浴槽にお湯を入れている間に、僕達は服を脱ぎました。

「懐かしいね、だいぶ小さい頃に奈穂と一緒に風呂入ったじゃん」

「僕君が5歳くらいの時かな、私が髪とか体洗ってあげたの」

「また菜穂と入れるんだね」

「恥ずかしいって…」

奈穂が服を脱ぐと、白い花柄の下着を着けていました。

「可愛いパンツ穿いてるね」

「やめてよ、恥ずかしい…」

「俺が前見たのは、水玉のパンツだったかな」

「なんで覚えてんのw」

さて、次は下着を脱ぐ時です。

「ねえ、やっぱり恥ずかしい…」

「大丈夫だよ、奈穂の裸見たことあるもん」

「だいぶ前でしょ?もう、恥ずかしいよ…」

そう言いつつも、奈穂はブラジャーを外してパンツを脱ぎました。

目の前に広がっていたのは、昔とは違う、奈穂の裸でした。

僕の記憶では、胸はぺったんこだったのに、かなり大きくなっていました。アソコにも毛が生えていて、しっかりと大人の女性の体になっていました。

「僕君見すぎだって…」

「やば、マジで綺麗…」

「ねえちょっと、あんま見ないで…。てか僕君も脱いでよ」

奈穂の裸に見とれつつ、僕は服を脱ぎました。

「えっ!?大きくなってる…」

「だってこんなの見せられたら、そりゃなるよ」

「私の裸でそうなったの…?」

「うん、ごめん」

「まあ、そっか。僕君ももう大人だもんね…」

少しの間、お互いの裸を無言で見つめあっていました。その内僕は我慢出来ずに、奈穂にキスをしました。

「ちょっと、僕君!?」

「ごめん、嫌だった?」

「そうじゃないけど、私でいいの…?」

「奈穂じゃなきゃ嫌だよ」

今度はディープキスをし、僕は奈穂の胸を触りました。

「すごい、デカいし柔らかい…」

「僕君っておっぱい好き?」

「まあ、一応男だし」

「私のおっぱいどう?」

「最高すぎだよ、何カップあるの?」

「ん、一応Fかな…」

「うっそ、奈穂ってそんなデカかったんだ…」

「もう、僕君おっぱいばっかり…」

僕は触るだけでは飽き足らず、顔を埋める、舐める、乳首をいじる、とやりたい放題でした。

ふとアソコを触ってみると、濡れているのが分かりました。

「あれ、奈穂濡れてる?」

「だって僕君がおっぱい触るから…」

「奈穂ってエロいね」

「変なこと言わないでよ…」

奈穂のアソコに指を入れていると、お湯が満タンになったので一緒に入ることにしました。

2人が脚を伸ばして入るだけのスペースは無かったので、僕の上に奈穂が乗る形で入りました。

「ねえ僕君、昔一緒に入った時、僕君が上で私が下だったの覚えてる?」

「そういえばそうだね」

「でも今じゃ僕君が下になって、本当に成長したんだなって、なんか嬉しいな」

「奈穂だって成長したじゃん(もみもみ)」

「もう、おっぱいはダメっ!!」

「いいじゃん、もっと揉ませてよ」

しばらくの間、イチャイチャしていました。

やがて僕は先程の続きがしたくなり、再びキスをし、浴槽から出ました。

奈穂を床に寝かせて、僕は胸を揉み、アソコを指で掻き回しました。

「あっ、んっ…」

小さく声を出す奈穂に、僕はまたキスをし、頭を撫でました。すごく可愛かったです。

「やばい、イきそう…」

そう言うと奈穂は、イッてしまいました。

幼い頃から仲の良かったお姉さんをイかせるなんて、不思議な気持ちでした。

完全に力が抜けてしまった奈穂の体を起こし、ぎゅーっと抱きしめてなでなでしました。

「奈穂、本当にかわいい…」

「すごい恥ずかしい…」

「ごめん、まだやりたい」

僕はまだ奈穂の胸を揉み続けました。ずっと揉んでいても全然飽きません。

また、胸ばかり揉んでいて気付きませんでしたが、お尻もプリプリしててエロかったです。

奈穂が落ち着いて、僕は奈穂の体を洗ってあげました。ふわふわしてて柔らかい体で、胸はもちろん、太ももやお尻の触り心地は最高でした。

奈穂も僕の体を洗ってくれました。「昔はこうやって僕君の体洗ってあげてたよねー」と、思い出に浸りました。

体を洗い終わると、バスタオルで拭き合いをしました。拭いてる途中に何度も奈穂に抱きついたり、体にキスをしました。「僕君の変態…」と言われ、さらに興奮してしまいました。

着替えが無いので仕方なく全裸で過ごそうと思いましたが、「僕君だけ裸じゃ不公平だから」と奈穂まで全裸の状態でした。

そんな格好で居られて我慢出来るはずもなく、僕は奈穂を再び抱きしめ、色々な所を触りました。

「僕君触りすぎだよ…」

「だって、こんな格好で隣に居られたらしょうがないじゃん」

「じゃあ僕君のも触らせてね」

奈穂は僕の体を触ってきました

「昔は小さかったのに、いい体になったね~」

「奈穂も、すごい女らしくなったと思う」

「おっぱい見ながら言わないでw」

少し経つと、奈穂は僕のチンコを触りました。

「僕君のおちんちん可愛かったのに、こんな大きくなっちゃって…」

「ねえ、どうせなら、抜いてくれる?」

「えっ!?本気?」

「奈穂が抜いてくれたら本当に気持ちいいと思う」

「ん~、まあいいけど…」

奈穂はその柔らかい手で、僕のチンコを指で握り、上下に動かしました。

しごかれている間、僕は奈穂のおっぱいを触っていました。

奈穂のおっぱいを揉みながら、奈穂がしごいてくれる、そんな最高の状況に興奮しない訳がなく、あっという間にイッてしまいました。

僕が「出そう…」と言うと、奈穂は慌てて僕のチンコを咥えたので、奈穂の口の中へ出してしまいました。

奈穂は「うえっ…」とえずきながら、精液をティッシュへ吐き出しました。

「ごめん、奈穂大丈夫?」

「うん、大丈夫。ごめんねえずいちゃって、僕君のが汚いって訳じゃないからね…?」

「分かってるよ、抜いてくれてありがと」

その後も、僕と奈穂は全裸の状態で抱き合いながら、昔話で盛り上がりました。

そして奈穂の自宅で一線を超えた僕達は、そのまま付き合うことになりました。

離れ離れになった幼馴染と再会し、こうして恋人同士になれたなんて、今でも信じられません。

これからはずっと奈穂と一緒にいたいです。

-終わり-
作者にメッセージを書く 次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]


Online porn video at mobile phone