体験談メニュー

タイトル(約 11 分で読了)

【評価高め】
同じマンションに住む美少女JKのその後(1/2ページ目)

2019-10-21 08:30:53

この話のシリーズ一覧

1:同じマンションに住む美少女JKは下着も着けずに私の玄関先でオナニーしていた。
2:同じマンションに住む美少女JKのその後(今見てる話
3:同じマンションに住む美少女JKとの交際4:高校を卒業した美少女彩菜と初めての温泉旅行

この話のカテゴリ

本文(1/2ページ目)

京都府/遼さん(30代)の投稿
前回の話

【評価高め】同じマンションに住む美少女JKは下着も着けずに私の玄関先でオナニーしていた。

初めまして遼と申します。 今から数年前、仕事に奔走していた頃のお話しです。 気がつけば独身のまま30代となっていた私。 周りが結婚をしていく中、そろそろ自分もしたいなと思った私は友人に紹介をお願いした。 が、恋愛経験の少ない私は付き合っても直ぐに別れてしまい長続きしませんでし…

彩菜を部屋に連れ込んだあの日から数ヶ月が経った。

季節は冬、もうすぐ新しい年が始まる。

外はとても寒く、上着を着てなければ風邪を引くほどだった。

朝たまに見かける彩菜はセーターとブレザーの上にコートを着ている。

上半身の露出度が下がるが、セーターによっておっぱいが強調される。

細身の彩菜は特に目立つので私はガン見してしまう。

そして視線を更に下にすると綺麗な脚が見える。

こんなに寒くてもスカートで生足をさらしてくれる女子高生には感謝しかない。

美しい脚の先にある秘部を想像するだけでギンギンに勃起する。

エレベーターに乗るのは数秒なので、続きの妄想は帰宅した時にしている。

冬はそんな性生活をして過ごしていた。

そして遂に年末にさしかかる。

その日は朝普通に起きて何時も通りの日常を送っていた。

昼から少し時間が経ってふと窓を見ると外は眩しいほど晴れていた。

せっかくの晴れているのに外に出ないのは勿体ないと思った。

私は家に貯めていたゲームを売るために車でお店に向かった。

お店は空いていたのですぐに売却は終わった。

家に帰ったら何をしようか考えていたその時。

お店の階段を彩菜が登っているのに気がついた。

私の体は自然と彩菜の後を追っていた。

お店の上の階は本のスペースになっている。

彩菜は漫画コーナーで歩くペースを落として何かを探し始めた。

2階には殆ど人がいなかったので、バレないようにかなり距離を置いて彩菜を姿を見ていた。

普段は制服を着ているので私服姿を見るのは久しぶりだった。

白いワンピースの上から綺麗な体のラインをじっくりと見る。

上から下へ目をやると脚は黒タイツで隠れていて新鮮でな感じがした。

靴で背が高くなっている事も合わさり大人の女性感があり実に魅力的だった。

暫く彩菜を眺めていると、お目当てのものは無かったのか、すぐに3階へ移動を始めた。

階段ではタイツの先を凝視していたがギリギリ中は見えなかった。

3階はDVDのコーナーである。

3階は静かで誰もいなかった。

彩菜は真っ直ぐある場所へ向かって歩いて行った。

そして周りをキョロキョロして確認した後、カーテンの中に入っていった。

遠くからでも何処に行ったのかすぐに分かった。

彩菜はアダルトコーナーの所に行ったのである。

30代になった自分ですら一度も入ったことの無い場所へ現役の女子高生が堂々と入っていった事に驚いて立ち尽くしてしまった。

足音を立てないようにゆっくりとカーテンの入口まで近付き私はスマホを用意した。

そしてカーテンの隙間から手を入れて写真を撮った。

全身しっかりと写っていたので次に動画撮影を行った。

腕が震えるのを我慢していると

コツッ コツッ

足音が聞こえたのですぐに手を引っ込めた。

そして鉢合わせしないようにカーテンから離れた。

ドキドキしていたがしばらく経っても彩菜は出て来なかった。

(ふぅ、まだ出て来ないのか。)

ひとまず落ち着いて私は今撮った動画を確認した。

動画の中の彩菜は初めはDVDを手に取って見ていただけだった。

が時折股をモジモジしていた。

そして一つのDVDを手に取った瞬間左手で胸から太ももまでのラインをゆっくりと撫で始めた。

やらしい手つきでゆっくりと自分の体を触り、そして胸を揉み始めたところで動画は終了。

(これからが良いところじゃないか!)

心の中で自分が撮った動画にツッコミをして

(続きは直接見ればいいか。)

 

私がカーテンの中に入ろうと振り返ろうとした瞬間。

サッ、と彩菜はカーテンから出てきて階段の方へ行ってしまった。

何を見ていたのか気になったので私はカーテンの中に入り彩菜が見ていたと思われるDVDを探した。

動画と見比べることですぐに見つけることが出来た。

見ていたDVDは彩菜と似た女子高生がイケメン男優とイチャイチャとセックスする内容のAVだった。

(年頃の女の子ならこれが普通なのか?)

考えてもよく分からなかったのでとりあえず私は彩菜の後を追いかけた。

1階まで急いで降りたが既に彩菜の姿は何処にも無かった。

店の外に出ても見当たらなかったので仕方なく車に乗ろうとした。

「遼さん。」

聞き覚えのある声の方へ振り返ると

まるで瞬間移動したかのように彩菜が現れた。

「3階からずっと後ろにいたのに気付かなかったんですか?」

「え?そんな時から?」

「ちなみに私は遼さんに階段でスカートの中覗かれる前から気付いてましたよ。」

ほぼ最初から気付いていたということになる。

「いや、覗いたりはしてないよ。たまたま後ろに付いていただけだよ。」

「嘘つかなくて大丈夫ですよ、中学の時から会うとき毎回私の体を見てる事も分かってますから。」

そんな昔からバレていたのかと思うと恥ずかしくなってきた。

「まぁちょっとは視界に入るから見たこともあるけどそんなガン見はしてないよ。」

まともな反論が出来ない私は苦しい言い訳をした。

「遼さん、車の中で話しませんか?」

「あ、あぁいいよ。」

動画という脅しネタがあるにも関わらず私は彩菜に流された。

車の席に座りドアを閉めると彩菜は私の左手を両手で掴んだ。

そしてその手をジロジロ見ながら話し始めた。

「私昔から人に見られると凄く感じちゃうんです。」

「でも……。」

彩菜は私の手をそのまま自分の太ももの上に置いた。

「遼さんに見られるのが一番ドキドキするんですよ?」

タイツ越しに触る太ももの独特な肌触りと感触に私は思わず手を払い自分の方に戻した。

そうしなければそのまま服の中に手を入れてしまいそうになったからだ。

「遼さんはドキドキしないんですか?」

彩菜は手を払われ、少し悲しそうな感じでそう言った。

「いやドキドキするというかここでするのはダメでしょ?」

泣かれるのは嫌なので慌てて言い訳をした。

「外で私の胸を揉んで部屋に連れて行ってエッチなことをするのは良いんですか?」

「ダメだね……。」

「遼さんズルいですよ、私には外でエッチな事しちゃダメって言って自分はエッチなことしてくるのに。」

「ごめん。」

あっちも悪い点はあるはずだが、正論で私は何も言い返せない。

頭の中でなんとか状況を打開する方法を考えていると

ギュッ

突然横から彩菜が抱きついて耳元でゆっくりと話し始めた。

「遼さんにエッチな目で見られるようになってから、私の体おかしくなっちゃったんです。」

「え、どういうこと?」

思わず少しニヤけてしまったが彩菜は話し続けた。

「普通のオナニーじゃ満足出来なくなったんですよ?」

彩菜は助手席から私の膝の上に移動してきた。

「遼さんの家の前、5階だから風すっごく強いですよね。」

彩菜は艶やかな声で話し続ける。

「風が体に当たると触られてるみたいで気持ちいいんてすよ?」

それと同時に私の胸におっぱいをゆっくりと押し付けてくる。

「んうっ!」

彩菜の可愛い声が漏れた。

私がそれに意識を奪われていると、彩菜は私の背もたれを倒してのしかかってきた。

男の私が本気になれば、彩菜の体を跳ね返す事は容易だ。

しかし彼女の方から抱きついてきてくれてる嬉しさからそれは出来なかった。

「遼さん、私の体をめちゃくちゃにした責任を取って下さい。」

「責任って……どうすればいい?」

彩菜からくる色々な刺激によって思考が回らない私は聞き返した。

「私の気持ちはもう言いました。後は遼さんが自分で考えて下さい。」

責任を取るってことはこれしかないと自分の中で決めた私はまずは落ち着くために深呼吸をした。

すぅ~はぁ~

そして思い切って話した。

「俺と結婚して下さい。」

彩菜はクスクスと笑い始めた。

「こんな時にそんなこと言うから何時までも結婚できないんじゃ無いですか?(笑)」

大きなお世話だと言いたいが恋愛経験の少ない私はこれが可笑しいのかも分からないので言い返せなかった。

「結婚する前に何かあるんじゃないですか?」

最初はセックスかと思ったが外したら全てが終わりそうだったので別の答えを考えた。

結婚する前に何か……分からない……。

これ以上間が空くと来まずかったで思い切って自分の欲望をまともな言葉に変換して口にすることにした。

「俺は彩菜ちゃんの事が好きだ、俺と付き合って下さい。」

これを外せばもう後はエッチなことしか言えない……。

ヒヤヒヤしながら彩菜の応えを待つ。

そしてちょっと間を置いてから

「私も好きですよ。」

彩菜は抱きついたまま私の右頬にキスしてくれた。

「えぇ?彩菜ちゃん俺のこと好きだったの?」

嬉しさの余りドストレートに聞いてしまった。

「好きでも無い人にあんなことされたら誰だって通報すると思いますよ?」

「た、確かに。」

「遼さんは鈍いですね。」

さっきから押されっぱなしでムッときた私は彩菜の耳を舐めた。

「ふぁっ!」

「彩菜ちゃんは敏感だね。」

「もう~やめて下さい。」

彩菜は照れながら私から離れて助手席に戻った。

しばらく車の中でお喋りした後、彩菜が友達と遊ぶ約束をしていたそうなので私達はその場で別れた。

帰宅して夜になってからスマホで連絡を取りデートの相談した。

年明けから彩菜は祖母の家に泊まりに行き、私は少し経ってから仕事が始まりその時期は忙しい。

結局初デートは彩菜の冬休み明けになった。

折角付き合い始めたのに中々会えないのは胸が苦しいが仕方が無いので我慢するしか無い。

お互いに辛い日々をなんとか乗り越え数日後の休日。

遂にデートの日が来た。

デート自体は昼からだが、私は楽しみで朝早く起きてしまった。

朝から時計を何度も見てまだかまだかとソワソワする。

自分だけでなく車もバッチリ準備を整え少し早めの昼食を取る。

する事が完全に無くなりとりあえずゲームをすることにした。

こんなに長く感じる朝は人生初めてだ。

そして時間になった。

ピーンポーン

待ちかねたインターホンの音を聞き、私は玄関へ早歩きで向かった。

ドアを開けるとすぐに彩菜が飛び込んできた。

「遼さ~ん!」

私もお返しにハグをして軽くキスをする。

「彩菜ちゃん、今日はいっぱい楽しもうね。」

「はい。あっ遼さん、前から言おうと思ってたんですけどちゃんはもうやめて下さい。」

「どうして?」

「1人の女性として見て欲しいからです。」

そう言われて私は今日の彩菜の服を見た。

ブラウンの短めのコートの中は胸を強調する白いニット。

目線を下にするとくびれとお尻を際立たせる濃いめの赤いスカート。

そして白くて細い脚をちょっとだけ透かして見せる黒いタイツ。

エロいなぁと思いながら私は彩菜の頭から足の先までガン見していた。

「あの……見て欲しいってそういう意味じゃ無いんですけど!」

「あぁ!ごめんごめん、あんまりにも綺麗で見とれてた。」

「もう、はやく行きましょ!」

彩菜は先にエレベーターの方へ行ってしまったので私は鍵を閉めて後を追った。

私達は車に乗って町へ移動した。

道中は助手席の彩菜に気を取られないようにして安全運転を心がけた。

まずは荷物を車に先に置いてしまう意味を込めてショッピングやゲームセンターに先に行った。

その後は彩菜が見たかった映画を見てレストランで食事を取り、ホテルへ向かった。

部屋に入った瞬間私達は椅子に座った。

「ふぅ、楽しかったけどちょっと疲れたなぁ。」

「予定よりも色んな所歩いたから私も少し疲れちゃった。」

彩菜の方をみるとゲームセンターで当てた大きな人形を袋越しに抱きしめている。

UFOキャッチャーで私の財布にダメージを与え、ずっと彩菜にぎゅうぎゅう抱き締めてもらっている忌むべき人形。

だがあの人形を取ったのは私自身であり、彩菜はめちゃくちゃ喜んでいるのでもう許すことにした。

ずっと見ていると彩菜は私の目線に気付いた。

「遼さんもしかして人形に嫉妬してます?」

「よく分かったな……。」

「遼さんの目は分かりやすいですから。」

目つきが怖いとは昔から言われたがこんなに風に言われるのは初めてだ。

「彩菜、先にお風呂入る?」

「遼さんからでいいですよ。」

ホテルに来た目的は宿泊のためでは無いことは互いに分かっていた。

私が先に入った後、彩菜がお風呂に行こうとしたとき

「彩菜は洗わなくても綺麗だからそのままでも俺はいいけど。」

「ダメですよ、外にずっと出て汚れてますから。」

「じゃあ俺に服脱がさせて欲しいな。」

「ダメに決まってるじゃ無いですか!」

「いやいや、彩菜がちゃんと下着してるか確認するためだから。」

「そんなこと言ってもダメです、ちゃんと待ってて下さい。」

彩菜はお風呂に行ってしまった。

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!



昭和熟女"レズ 指導"山 エロ"逆 セクハラ 体験 談""エロ 動画 投稿 掲示板"人妻 胸チラ風俗 中出しパンツ射精バキューム エロ"乳首責め 巨乳""レイプ 外国人""メスイキ 体験"エッチな主婦"エッチ アメリカ""ソープランド 英語""風船 クラブ エロ 漫画""エロ ナイトプール""レイプ 調教""ビッチ 化 小説""罰 ゲーム オナニー""デブ 巨乳"ヤクザに犯される"えっち お姉さん""亀頭責め 体験談"エロ体験談アダルト パンチラ"寝取ら れ sm"とことん童貞"危険 日 エッチ""抜ける 体験談"露出オナニー"八木 かなえ エロ い"下着に射精巨乳のセフレが出来ました~セフレ以上、恋人未満な関係~"下着泥棒 エロ""抜ける 盗撮""水泳 エロ""巨乳 乳首 舐め""人妻 胸 チラ 画像"嫁の姉"盗撮 キャバ""エロ小説 姉"野球拳 おっぱい"ero opai""エロ ゲーム 体験""調教 お仕置き"女装フェラ"女性 専用 クンニ""フェラ 初""練乳 エロ""乳首 ゲーム"パンツ素股"包茎 奴隷""エロ 乳首 ピンク"ぽっちゃり フェラ"姉 中出し""体操服 射精"えろたいけん着衣素股えろなかだし"風俗 アナル フィスト""女 同士 おっぱい""オナニー 体験談""乳首 焦らす""巨根 セフレ""ちくび エッチ""体験談 ゲイ""童貞 姉""フェラ 写メ"兄妹 エッチ"妻 顔射""駅弁 アナル""ふわっち パンチラ""深田 恭子 似""マッサージ 師 エッチ""広瀬アリス セックス""寝込み エロ""出産 えろ"熟女 クンニ複数 フェラ"えっち 調教"浴衣 エロ泥酔 悪戯貢ぎマゾ対面座位 巨乳"万引き 体験 談""エロ 女子大"エロ ハーレム"エロ キャバ嬢""彼女 と オナニー"エッチネット"コスコス スイッチ"jc 胸ちら"乳首 が 好き""貸し出し プレイ""介護 福祉 士 エロ"