エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 10 分で読了)

乳揉みをお願いしたらフェラが勝手にオプションされてたオハナシ(1/2ページ目)

投稿:2018-11-12 19:51:08

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文(1/2ページ目)

age3(東京都/30代)
前回の話

初めて女性と性的な事をしたのは5歳の時でした。

その当時から自慰をしており、“イク”という事をはっきり理解していた点では、かなり早熟だったと思います。

ただ、それから二番目の性的な経験はかなり間があり、最初の経験から12年の歳月が経過した17歳の頃でした。

 

相手は学年が一つ上のエリカちゃん。(仮名)

いつも通学に同じ電車を使っていて、「お、今日もいるなぁ」という程度の認識を持ったくらいの相手でした。

 

同じ電車に何人か同じ学生服の人間が居ましたが、当初から彼女だけハッキリと覚えています。

なぜなら大きいというわけではないが、それでいてしっかりと自己主張した胸が彼女にはあったから。

 

 

 

 

高校二年のあるときから、僕は昼食の時間を図書館で過ごしていました。

友人の一人がいつも図書館にいくので、たまたまついて行った折の出来事で、そこで出会ったのがエリカちゃんでした。

 

「彼ね、○○クンっていうの」

 

友人がエリカにそう紹介すると

 

『あ、エリカっていいます。・・・ていうか、いつも同じ電車のってるよね?』

「そうそう!」

『やっぱり!へー』

 

彼女と良くしゃべる仲になるのに、そこまで時間はかかりませんでした。

 

 

エリカも僕も、相手が“打ち解けてくれている”と感じた相手に対しては、人見知りせずよく喋れる性格だったのもそうですが、ゲームセンターで共通のゲームをやり込んでいるのも話に拍車がかかり、よくゲームのCDを貸し借りするような間柄になっていました。

 

そしてカラオケも好きで、よく行った事を覚えています。

その間もずっと、彼女を密かに、それでいて強烈に、性的な目で見ていました。

いつか彼女とセックスがしたいと思っていたんです。

あの胸を掴んだまま射精する事を夢見て・・・

 

 

そして彼女が高校3年生の終わりごろ、僕はエリカとカラオケに行きました。

カラオケの折、彼女のしぐさや声に「ああ、エリカみたいなのが彼女だったらいいんだろうなぁ・・・」と思った事を強烈に覚えています。

 

そしてカラオケが終わってお店を出た瞬間に

エリカ「私、○○(わたしの名前)に気があるんだけど」

なんとなく来るだろうなと思っていた彼女の告白。

 

しかし僕の答えは0.2秒の即答だった。

「ムリ」

 

急いで僕は家に帰ってきました。

直後に1時間近くすがる彼女を

「私と一緒になるといっぱいエッチなことしてあげるよ?」の単語も振り切り、かえって来ました。

 

何故即答で断ってしまったのか?

照れた僕が反射的に断ってしまっただけなのか?

彼女だったらいいのにと自分でも思いながら・・・

彼女とエッチしたいと思い、彼女もエッチなコトをしてあげるといったのに何故断ったのか?

 

 

・・・冷静になって考えてみましたが、よくわからなかったです。

ただ一つだけいえることは、この判断が正しいモノだと、直感で強く思っていたということです。

(そして数年後、僕の直感は正しかったのだと理解する出来事がありました。今回は書きませんが、このあとのくだりで感付かれる人もいるかと思います)

 

 

その後メールで何度もすがってくる彼女に胸の写真を要求し、手に入れる事がありました。

そこにあったのはかなり良い形をしたなかなかのサイズの美乳で、強烈に劣情を覚えたことをハッキリとおぼえています。

 

だって、学校で知り合うような相手の裸なんて、まともにみたことありますか?

それだけでかなり興奮するというのに、そのうえかなりレベルの高い美乳だったのです。

 

僕がその画像を事ある毎に使うようになるのに、そこまで時間はかかりませんでした。

 

 

 

 

そして僕が高校3年生になると、アルバイト先で出来た彼氏と初セックスした彼女は性の喜びを覚えビッチ化し、いろんな男性と交尾するようになりました。

 

エリカは、貞操観念が逆転した女でした。

つまり男のような性欲を持つ女でした。

 

男だったら、町ですれ違う女性で「イイな」と思える相手と交尾したいですよね?

クラスメイトですら、半分以上の女子と交尾できるし、交尾したいと思えますよね?

 

彼女はそういう女でした。

つまり、エリカは良いとおもった男性全員と交尾したく思う、そんな女でした。

 

(そういう女性は5%ほどらしいですが、いることにはいるらしいですね。芸能人のmis○noが“いろんな人の子供が産みたい”なんて替え歌していましたが、そんな感じなのでしょう)

 

 

彼女を振ったあともメールのやり取りを続けていた僕は、いろんな話を聞きました。

 

誰それをフェラしただの、誰それと断りきれなくてエッチしただの、誰それとヤったときに中に出されてどうしようかとおもっただの、いろんな話を聞きました。

 

どうしようもなくあの画像で興奮していた僕は、メールのやり取りの際にこう切り出します。

 

「ねえ、今度のカラオケの時おっぱいもませてよ」

『嫌だよ!』

「なんで?」

『だって、そこで○○が発情しちゃったらどーすんのさ』

「そしたら口ですればよくね?」

『あっ!それもそうだね!じゃあいいか!』

 

 

あまりの展開の速さに、その瞬間はいやらしい気持ちが追いついてきませんでした。

だって念願の胸を揉むどころか、さらにはその胸を存分に味わって勃起した性器を、彼女の口が鎮めてくれるという約束まで瞬時に取り付けてしまったのです。

 

エリカは決して彼氏の事を嫌ったり冷めたりしたわけではなかったのですが、こういう事をやれる女でした。

彼氏に対する罪悪感はあったらしいのですが、それでも男とエッチなコトをしたい欲求には敵わないようでした。

 

 

そして迎えたあの日。

僕はエリカと一緒に地元のカラオケ店へ入りました。

 

僕は平静を装いつつも、内心ドキドキしていました。

エリカもいつもどおりに見えましたが、細かな挙動やわずかな声色の違い、口数の微妙な少なさなどから、エリカもまた通常通りではない感情を抱いていたようでした。

 

(もしかしたら、この時まだ彼女は僕の事を好きだったのかもしれません。エリカが男性と同等の貞操観念を持っているとすると、複数の男性に対し好意を持っていてもなんら不思議ではありませんから)

 

 

 

2時間で入ったカラオケも1時間30分が過ぎました。

時間が経過するたびにドキドキが増えていったのを良く覚えています。

1時間を経過したあたりから曲を入れるのを止め、いつもはしないおしゃべりなんかをしていました。

 

でも、この時自分も童貞です。

いつエッチなことをしようかと言うか、タイミングが全くつかめていませんでした。

ドキドキとエッチしたい気分だけがつのり、エリカにそれを言おうとするだけで舌がもつれるのが感じられました。

 

エリカも男性経験がいくつかあるとはいえ、処女でなくなってから1年と経過していない程度のものでした。

だから彼女も『ねえ、いつするの?』という言葉を搾り出すのが精一杯だったようでした。

 

でも、それだけでスタートは切ることができました。

 

 

 

 

カラオケの一番奥の椅子に僕は座り、入り口のガラス窓に背を向けます。

そして彼女を僕の前に、同じ向きで座らせました。

 

「・・・触るよ?」

『うん・・・』

 

エリカの返事を確認してから両手を彼女の腹部に置き、そのまま中に入ります。

肌を滑りながら両手を上にあげていくと、締め付けの強いものに指先がぶつかりました。

それが初めてぶち当たるブラジャーの感触。

 

胸の谷間部分はブラにも指を入れる隙間ができており、そこに指を滑らせ、下乳部分に手を入れるとそのままブラを胸の上に除去しました。(この方法はトゥナイ○2でやっていたので知っていました)

そしてまた指をエリカの腹部に戻し、自分でもゆっくり動かすことを意識しながら、手を再び上へ上げていきます。

 

 

 

自分が一番好きな女性の部位である胸。

そして、なかなかのサイズの美乳であることを知っているエリカの胸。

そして、幾度となく強烈な劣情を催し、想いならが何度も吐精し、今も強く発情しているエリカの胸。

 

それを触る時だけはじっくり覚えておこう。

じっくり覚えていつでも思い出せるようにしよう。

 

だからこそ彼女を前に座らせた時やブラを上げる時すら、執拗に彼女の胸に触れる事を避けていた。

指先はおろか手のひらすら彼女の胸のどこにも触れないように、意識していた。

 

だから、実際に触れる時はゆっくり、その感覚をずっと覚えていられるように、ゆっくりと触れようと決めていた。

 

 

腹部に触れた両手は、ゆっくりと上昇する。

指先の感覚は、すべすべした彼女の皮膚の感覚。

上昇する指先が弾力のあるものに触れ、それが彼女の下乳であるとわかると、頭の中が発火したような感じがして、めまいを感じました。

 

そこからさらにゆっくりと、指先を動かし、胸をゆっくりと上へ滑らせる。

胸のふくらみが曲線を描くように、なだらかな山を駆け上がると同じように。

指先の標高が高くなるたび、僕の性器も連動するかのように高まっていくのを、その感覚を味わいながら感じていました。

 

そして指先が小さなものをクニュリと触れる感覚を感じた時、心の底からうれしくなるのを感じました。

 

5歳の頃に感じたものとは絶対的に違う胸。

そのころは全く肉がついていないそれだったけど、今触れているのは完全なる“胸”なのだ。

大きくて、やわらかくて、くにゅくにゅと触ると動く乳首があって・・・

 

女性の胸が物凄く好きだった自分には、それから数年経ても忘れられないほどしあわせな経験として残るほどでした。

 

『んっ・・・』

 

乳首に触れるとエリカが小さくあえぎます。

 

この子も胸が好きなのでしょうか?

胸に触れるだけで彼女が発する声が明らかに艶を帯び、簡単にスイッチが入ってしまうのがわかりました。

僕も乳首にふれた時、どうしてもこの胸を堪能しながら射精したいと思っていました。

 

すぐにでも射精したかったのですが、そこはこらえます。

なにせ童貞だった自分は人生で幾度もない(と、この時は思っている)胸を触る機会に立ち会っているのだ。

すぐ射精したいと思う童貞心をかなぐり捨て、ひたすら胸を堪能してからでなければと思いました。

 

胸を触りながら、手の感覚をじっくりと確かめる。

 

やらわかい。

それなのに、弾力がある。

手のひらで包み込んでいるだけなのに、キレイな形をした乳だということがよくわかる。

胸の表面はしっとりしている。

濡れている?ちがう、乾いている。

乾いていて、そしてさらさらとした指の感覚がある。

それなのに、しっとりと感じる。

明らかに他の体の部位と違う感じが、エリカの胸からする。

腹部からまた胸に手を滑らせる。

下乳に触れる。

話の感想(件)

※コメントの上限:5,000件

まだコメントはありません。

話の感想を投稿する

内容[必須:現在0文字]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


長くなる雑談は雑談掲示板でお願いします。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。



"人妻 水着 姿""巨乳 トイレ""夫婦 セックス 体験""筆下ろし 体験""デッサン 体験 談""ソープランド 英語""アダルト グッズ 感想""えっち 海外""映画 体験 談"えっち研"エロ キャンプ"巨乳体験告白掲示板対面座位 中出し中出し お掃除フェラ"馴れ初め 体験 談""橋本環奈 レイプ""中出し 泥酔"あそこと戸締りを緩くした若妻の転落劇10"野外露出 体験""お 風呂 で エロ""理想 の ペニス サイズ""50 歳 エロ""看護 婦 えろ""彼女 の エロ""熟女 h 体験""クリ責め エロ""彼女 孕ませ""キャバクラ エロ 体験""デカチン バック""えっち な 保健 室""中学生 アナルセックス"水泳部 巨乳"西野七瀬 ふぇら""未亡人 オナニー""体験 談 カテゴリ""混浴 温泉 で エッチ""おじさん セックス"ハーレムパイズリ"老婆 の sex""抜ける 体験談""エロ 女医""美少女 乱交""エッチ な プロレス""家庭 教師 痴漢""えろ 産婦人科""小学生 パンチラ エロ""ブラジル 中出し""寝取られ アダルト""えっち マンション""米倉 涼子 エッチ""アダルト おしっこ"おっさん、女子○生を睡姦するフェラ 友達貧乳中学生オナニー パイパン"飲尿 体験談""えろ でんま""話題 エロ""処女 ナンパ"叔母 エロ"アナル 輪姦"病院えろ"温泉 パイパン""エロ ピンクコンパニオン""男性 トコロテン""アナル デイルド""おっぱい 調教""乳首 弄る"プリクラ おっぱいおっぱい ぱふぱふ広瀬すず セックスコンドームを咥えた17歳アイドルと添い寝出来るイベント"医者 おっぱい""出会い 系 爆乳""熟女 の エッチ な 体験 談"嬲りめぐり美少女とエッチ"デリヘル 経験 談""レイプ 外国"友達の母親"おっぱい パブ 値段""アダルト 太もも""爆乳 痙攣"